カードローンの審査に落ちる理由

カードローンを申し込んだ際には、審査を受けなければありません。しかし時折、その審査に落ちてしまう人がいます。審査に落ちるにはそれなりの理由があるのです。この審査に落ちる理由について、記述をします。まずはうその申告をした場合です。借り入れの申し込みをした際には、他社でどれほどのキャッシングがあるかその件数や額についての確認をされます。この他社での借り入れの額については、たとえうそをついても意味がありません。こういった金融機関ではすべての機関でその情報を共有しているのです。ですから、他の金融機関での借り入れについても、正直に申告をしなければなりません。また借り入れの申し込み書を提出した時に、その記入ミスが多いということも審査に落ちる一因となってしまいます。手書きの場合でもインターネット等を利用しての申し込みの場合でも、すべてを入力した後にもう一度見直しをして記入ミスがないことを確認してから提出をすることが大切です。

"銀行や消費者金融のカードローンに申し込む時は、まずこうした他社からの借り入れ額の年収に対する割合に注目しましょう。
年収を上げることはすぐにはできませんが、他社からの借り入れ額は、家族などから一時的に借りて返済することで30%以下にも20%以下にもできます。
引用 http://xn--n8jyd3dzf4fqipb4dc5001if01arv4h.skr.jp/